今注目を集めているタダで利用できるオナ電、あなたはもう登録されていますか?

会員数がどんどん増加しているタダのオナ電ですが、会員が多い割りに簡単に出会えないと嘆いている人もいるようです。時間をかけずに理想の相手と出会いたいという人は、お金を払って課金制のオナ電に登録したほうが確実かもしれません。

でもお金を払うオナ電って、結局いくらぐらい必要なの?と思う方もいらっしゃるでしょう。一口に課金制のオナ電といっても、最初に費用を払ってしまう定額制のものと、利用のたびに料金が発生する加算制の2種類があるのです。

定額制はその言葉どおり、最初に必要料金を払ってしまえばあとは自由にサイトを利用できるシステムです。加算制は利用のたびにかかるので、利用回数が少ない人にはこちらのほうがリーズナブルにすむこともあります。

頻繁にサイトをチェックしたり相手を探したいという人には定額制のほうが料金の心配がいらないので、こちらのほうがいいでしょう。では、お金を払って利用するオナ電とタダで利用できるオナ電、いったいどこが違うのでしょう。

端的にいいますと、出会える確率と会員の質です。お金を払って利用するサイトのほうが会員の意識も高く、マナーを守る人が多いので使っていて不快な気分を味わうことが少ないです。

タダの場合は冷やかしの場合も多いので、ドタキャンや音信不通が多いともききます。そういう人にふりまわされることが少ないのは大きなメリットですね。

そのようなマナーを守れる人たちが会員ですので、出会える確率もお金を払って利用するサイトのほうが断然高いです。お金を払うだけの価値がある質の高さがあるのが課金制サイトの特徴ともいえますね。